平成29年度の稚アユ放流が始まりました!!  2017/05/23(Tue)11:29:46
 予定通り5月19日、管内のトップを切って最上川と乱川などにアユの放流が始まりました。
 これから、水温状況を確認しながら随時放流して参ります。
 放流量は、最上川が130s、乱川・白水川に合計で100kgとなっております。平均が5.5gですので、最上川には約23,000尾を長崎大橋付近に放流した形です。 
 また、5月20日には、寒河江川の溝延橋上流と寒河江川橋下流へも放流しております。
 アユの放流は6月末まで行い、合計2,500s以上放流する予定です。

渓流釣り情報です  2017/04/10(Mon)10:45:10
渓流解禁してから10日程経過しましたが、何度か川に足を運ばれた釣り人がいると思います。
比較的、天候に恵まれて、いい釣りをした釣り師もいたかと思われます。

例年通りと言えば例年通りですが東山水系(乱川、野川、白水川など)は、濁りも少なく順調な滑り出しです。ニジマスまじりで8寸クラスのヤマメとイワナが釣れているようです。ニジマスは尺上も混じっているようです。

西側から流れ込む川(富並川、千座川などと寒河江川の支流)は、上流域に雪が多く、水温が上がらないせいか、今一つといった所です。また雪解けの増水と濁りが、釣りを難しくしています。

今後、雪解けによる急な増水(鉄砲水)には、充分注意が必要です。

渓流の解禁情報です  2017/03/31(Fri)11:20:15
283.jpg  いよいよ4月1日、渓流釣りが解禁します。
 気温も上がり良い解禁日を迎えられそうです。
 当漁協管内の河川の状況は、中小河川の中流域( いわゆる里川)の所から下流域に関しては釣り可能です。状態もいいようです。上流域はまだまだ雪が多く無理な状況です。
いずれの河川も源流域には雪が多く、雪シロによる水温の低下などで渓魚の活性が低くなり、難しい釣りを強いられる時も有るかもしれませんし、急な増水や鉄砲水などには注意が必要です。

3月中にニジマスの成魚放流を行っております。(最上川に東側から流れ込む中小河川)

いよいよ釣りシーズンの幕開けです。

ルールとマナーを守って楽しい釣りをしましょう!


Admin CGI WEB